ミデリスの子育てブログ

自由気ままに生きていきたい


私の上位5つの資質「最上志向、内省、収集心、戦略性、共感性」【ストレングスファインダー】

こんにちは、ミデリス(@miderisu)です。

何かと話題のストレングスファインダーをやってみました!

夫が転職先の会社の研修でやってて、気になってたんですよね。

 

 

ストレングスファインダーとは

 

すごく簡単に言うと、ギャラップ社が提供している、自己分析ツールです。

本を買う、またはギャラップ社のサイトで19ドル払うことによって、177個の質問から、上位5つの資質を知ることが出来ます。 

34の資質を全開示するには89ドル、すでに5つ開示済みの場合は69ドル必要です。

私は、Amazonで本を買いました。 楽天でも買えますよ。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 〈ストレングス・ファインダー2.0〉 ストレングス・ファインダー2.0 [ トム・ラス ]/楽天ブックス 

中古本は、アクセスコード使用済みのものが多いようですが、なかには未使用の本を引き当てるつわものもいるようです。 

 

177個の質問を1問20秒以内に答えていくのは、25分程度の時間がいりました。挑戦する場合は、30分くらいの時間のゆとりを持ちましょう。途中セーブはできませんよ。できたのかもしれないけど、そういう注意書きはありませんでした。

会社名を2回ほど聞かれるのですが、「内緒」で通しました。本当のことを知られるの面倒くさい。

 

さて、やってみた結果なんですが、意外や意外、自分では思ってなかった資質が入ってきて驚きました。

 

 

最上志向 ~優秀であること、平均ではなく~

平均以上のものを更に高めることに意味を見出すのが、最上志向の強みです。

それから、優秀であることを好むのは、本当にそう。これって下手すれば、完璧主義でぎっちぎちになっちゃうのが、注意が必要なところ。

最近は、完璧主義ではなく、時と場合によって完成度を変えてます。手を抜くともいう。

それから、「問題解決」は苦手な傾向にあるらしいです。<回復志向>のパートナーを持つといいそうですよ。

 

内省 ~考えることが好き~

 考えることが好きで、一人の時間を楽しむ資質です。

プロジェクトの最初からかかわると、全体の流れを見て、どうしらたいいかというのを常に考えています。

気が付いたら、何か考えてます。単純作業もどうやったら効率的にできるかとか、どうしたらもっと良くなるかとか。何を考えるかは、ほかの資質によるところもあるようです。

 

収集心 ~知りたがり屋で好奇心旺盛~

情報も物も集めます。ものを集めるのは、最近は減ったかな。布を集めるのが趣味で、衣装ケース4つ分くらいあります。

情報を集めるのは、今はTwitterですね。その前は、本を読み漁ったり。

内省は、読むのが好きな資質でもあるので、内省と収集心が合わさると、情報収集に行きつくようです。 

 

戦略性 ~最善の道筋を発見できる~

いろいろなものが乱雑にある中から、最終目的に合った最善の道筋を発見する資質です。特異な考え方であり、物事に対する特殊な見方です。

これを読んだとき、普通はできないことなんだと知って驚きました。

物心ついたときから、なんとなくこっちだなと、自然と見えていたので、みんなできるものだと思ってました。

これも、思考をもとにする資質ですね。どんだけ、考えることが好きなんだよ!w

 

 

共感性 ~周囲の人の感情を察する~

これが、自分の中で意外な資質でした。自分は、人の気持ちを察することは苦手だと思い込んでいたので。 

よくよく考えてみたら、親に怒られないように顔色を見るとか、まさにこれだw

周りが思う答えを用意しなければいけないと、周りを観察してましたからね。今はもう、そういう思い込みは捨てました。

 

 

5つの資質から思うこと

f:id:miderisu:20180503120444p:plain

とにかく考えることが好きな変態ということが分かりました。 

 好みがアフィリエイトに向かえば、十分に向いてる資質なんですよね。

資質があるからできるかというと、そうでもなくて、興味がそこに向くかどうかが重要な気がします。

つねに、何かしら考えてて、頭のリソース足りてないので、いろいろとアウトプットしていきたいです。

 

 

 関連記事

www.miderisu.com

 

 34の資質を全開示して弱点を知りたい

 最終的には、全開示してみたいですね。

全開示すると、苦手な分野もわかるので、無理にやらなくても大丈夫って割り切れます。

パスワードとか、もう忘れちゃったけどね!!!

 

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 〈ストレングス・ファインダー2.0〉 ストレングス・ファインダー2.0 [ トム・ラス ]/楽天ブックス